40代・50代の介護とDIY

介護と仕事の話・介護のDIY・介護用品を紹介

窓の室内側に手すり 介護施設のような長い手すりをDIYできました

介護施設や病院に行くと長い手すりがあって、それがあることで伝い歩きできている人はよく見かけることですよね。私も去年、股関節を骨折して入院していた間…手すりがある場所は安心して歩け…逆に手すりがない場所は杖をついたり何かにつかまったりしていま…

介護保険を使わずにトイレに手すりをつけるには

80歳の主人の父は家の中で移動するときは手すりなどにつかまりながら伝い歩きしています。そんな父のために、主人は家の中のあらゆる場所に手すりなどをつけてDIYしたり、介護用品を購入して揃えています。 今回は、その中でもトイレにどのような手を加え…

看取り介護という選択~母の介護経験から~

私の実の母は、父に見守られながら介護施設で静かに眠りにつきました。看取りの同意書に署名して1週間後のことでした。 看取りとはどういうことなのか?どのような手続きが必要なのか? 私の体験から、アドバイスも含めてお話させて頂きます。 〝頑張りすぎ…

長時間座ることによる褥瘡を予防するには?家族が自宅でできること

主人の父は脳梗塞をきっかけに脚力が低下するなど、カラダが不自由になっていたのですが、5ヶ月前から脚力がどんどん落ち、1日の殆どを椅子の上で過ごすようになりました。そんな父は、以前から「お尻が痛い」と言うことがたまにありましたが、薬を塗るこ…

働きざかりと親の介護

私は40代後半で主人は50代前半です。 私は30代から実母が要介護状態で、3年前まで介護施設や介護サービスとのお付き合いが続きました。一年前に父も他界しました。 ですが今年、新しい家族が増えました。結婚し、また〝お父さん〟〝お母さん〟と呼べる人がで…

褥瘡を予防するには? 寝たきりの母の経験より

主人の父(以下、お父さん)は現在80歳で要支援2です。家の中でトイレにいくために歩くときも手摺りや柱など、どこかにつかまりながら移動しています。一昨日の朝もドスンという音がするので慌てて駆けつけると、転んで腕をケガしていました。 身体の自由…